課外のあらいぐま

被災した写真を洗浄・データ化する活動をしています。
持ち主の方が見つかっていない写真が今でも数多くあります。1日でも早く持ち主の方へお返しできるよう活動しています。

[2017/4/21更新]

■予定 現在公募中の活動はありません
お預かりした全ての写真・データの返却が済みました。作業的な活動は休止します。写真洗浄、データ化の依頼があれば再び動きます。返却活動をサポートする活動はこれまで通り続けます。また被災した写真のことでお困りのことがあればご相談ください。

■連絡先 kagaiguma★gmail.com (★→@)

2/1()3()46(土)8(月)
武蔵野市民社協ボランティアセンター分室


整理が終わり分室に戻りました。
2回目・3回目・4回目の返却準備を進めます。大半のアルバムを2月3月で返却することになります。2月1日 2名、3日 4名、4日 2名、6日 7名、8日 2名で作業しました。
20160201_02
1月末の整理でアルバムは返却番号順に整いました。
20160203_02
まずは箱ごとに全てのアルバムが揃っているかどうかをチェックしました。データもこれに従い整理します。
20160206_01
返却用に準備した箱にアルバムを移していきます。
20160206_03
アルバムの表紙はチェック作業などで触れている内に目に見えず汚れています。
箱に移す前に全てのアルバムをもう一度乾拭きしました。
20160206_04
1冊1冊を返却用の袋に入れ箱にまとめます。
この段階でプリント写真も相当数追加しました。特に代表写真が不鮮明な場合などは注意しました。明るくしたり拡大したり、より見つけやすい代表写真にして追加しました。
20160206_08
アルバムからはみ出る写真がある場合は、厚紙で補強します。
20160206_10
最後の調整を続けながら、アルバムを箱に収めていきました。
2月中旬頃には2回目の返却をします。
(K1)

1/31(
中町集会所


1ヶ月ぶりのコミセンです。年が明けてからは初めてでした。
中町集会所にて9名の方にご参加いただきました。
20160131_01
分室から完成したポケットアルバムを運んできました。
20160131_02
整理を始めます。ひと通り開封し準備しました。開始前のミーティングです。
作業上の管理番号(K-0000)から、実際の返却で用いる釜石管理番号(00-0000-0000)に並び変えます。作業中は間違いを避けるために桁数の少ない番号を使っていました。実際使用する管理番号はより桁数が多い番号です。地域や種別などさらに細かく分類されます。
20160131_03
箱を広げるとその量に驚きます。数万枚分のアルバムがありました。しかし箱に収納するととてもコンパクトです。保管時は半畳分のスペースに全て収まっていました。展開時にスペースを要しても、保管時は省スペースで済むということかもしれません。「保管スペース問題」に可能性を感じる機会でもありました。
20160131_04
整理を開始します。返却用の番号に並び変えます。管理票には両方記していました。並び変えしながらリストをチェックしていきます。

20160131_06
午前中に一通り並び替えが終わりました。一旦外に出します。
20160131_08
箱が空いたところで返却袋をまとめました。地域ごとに番号が分かれています。
20160131_11
再び箱に戻します。今度は返却管理番号順になっています。
「この場が返却会だったら」とつい考えてしまいます。このままできそうです。予行演習をしているかのようでした。いつかその日が訪れることを願っております。
20160131_12
ひと通りの整理が終わり箱を閉めます。
20160131_13
整理をしている傍らで黙々とアルバムを作っていただきました。少数ですがアルバム作りはまだありました。
20160131_14
返却用の箱にラベルを付けます。30箱は越えそうでした。ポケットアルバムを入れる箱はペットボトルの箱が丁度よかったです。中でもポカリスエットの箱が一番丈夫なものでした。ポケットアルバムはこの箱に入れて返却することにしました。
20160131_15
30箱目まで一通り準備ができました。後は必要な分だけその都度作っていこうと思います。
20160131_16
終わりました。全体の作業は終盤になり、コミセンで活動を行うことは今後あるかどうか分かりませんでした。実際にはありましたが、この時はこれがコミセン最後の日になるかもしれないと思っていました。
終わりの会で進行状況とその後の展望を皆さんにお伝えし、何人かの方からお別れの言葉を頂きました。ありがとうございます。参加者さんあっての活動で、皆さんに支えられ、愛された活動だったと痛感しました。

お別れは寂しい限りですが、手元に課題がなくなることは望ましいことです。こちらの手を離れる機会が次の一歩であることは間違いないと思います。
20160131_17
この日のカーゴはとても重かったです。運搬を手伝っていただきました。
返却目前です。2月3月で概ねの返却を行います。
(K1) 

1/27()28(30(
武蔵野市民社協ボランティアセンター分室


1回目の返却(大判写真・フエルアルバム)が終わりました。
2回目以降の返却に向けて準備を進めます。次はポケットアルバムでした。
1月27日 3名、28日 4名、30日 5名の方にご参加いただきました。
20160127_01
ポケットアルバムは沢山あります。全体の8割くらいはポケットアルバムだったと思います。アルバム化とデータ化はほぼ終わっています。後は確認すること、整合性を取ることです。
その後の運営を考えた場合、以後手を煩わせることがない、という状態が望ましいと考えていました。5年目の現実は作業中に幾度も考えたことです。返却運営に直結できるということが何より必要な条件で、不具合を残さないように努めました。
20160127_03
手掛かり情報の精査・再編を進めます。これにより幾つものアルバムが関連付けできました。1人の持ち主の方で1箱近くある場合もあります。

どなたの写真もそうなのかもしれませんが、子どもの頃の写真は沢山あります。幼少期から成人するまで間の写真が、全体の中では最も多いところでした。検索する際は「お名前」の次に「ご出身の学校名」を探すのがよいのではないかと思いました。学校名と年代だけでもピンとくるところはあると思います。その他、企業名・祭組の名称・サークル名など具体名で分かるところは可能な限り入れてます。旅行写真では旅行先なども記してありますので、判断の指標になると思います。
20160130_04
データと実写真の照合確認を進めます。2L判の写真もポケットアルバムと同時に返却することになります。
20160130_06
「要プリント」というのはデータ上で状態が良くなった写真をプリントするということです。イエロー補正をした写真をはじめ、元写真の像が薄い場合はなるべくプリントを付けるようにしていました。「写真を見つけやすく」ということを基準に考えました。
20160130_01
31日のコミセンに一旦アルバムを持ち出す予定でした。課外で使っていた作業上の管理番号「K-0000」から、実際の返却に使用する釜石管理番号「00-0000-0000」に番号の付け替えを行う予定でした。そのためにアルバムを箱毎にまとめ整理しました。引き継ぎしたアルバムもここで全て合流することになります。
20160130_07
3ヶ月ぶりにアルバムを分室から出します。コミセンで整理を終えたらまたこちらへ戻ってきます。カーゴ1台分ほとんどがポケットアルバムです。
翌日のコミセンに備えます。
(K1)

1/25(アルバム返却 武蔵野市民社協ボランティアセンター分室
2/1(月)データ返却

いよいよ1回目の返却です。4名の方にご参加いただき発送作業をしました。
準備は週末にほぼ出来ていました。検品と梱包を済ませたら発送です。午前中の内に宅配便の集荷をお願いしました。
20160125_05
A4サイズの中判の写真です。集合写真が多くあります。梱包した箱にはラベルを付けて内容を記すことにしました。
20160125_04
B4以上の大判写真です。全ての袋に折れ曲がり防止用の厚紙を入れました。
20160125_02
フエルアルバム最後のチェックです。アルバム返却後は再スキャンができません。メモなどが全てあるかどうかしっかり確認しました。
20160125_03
代表写真と手掛かり情報はたすき掛けにしました。
ひとつひとつを厚めの袋に入れて梱包します。
20160125_07
14時過ぎに宅配便の集荷が来ました。1回目のアルバム返却になります。

見通しすら立たない状態から進めてきてやっとこの日になりました。ひとまず良かったです。しかし、それはこちらの手を離れたというだけで、持ち主の方に返ったわけではありません。ぬか喜びはできません。これから先の本当の返却を祈るばかりです。いつか確実にお手元に戻る日が来ると信じています。

そしてデータです。データの返却をもって任務完了です。アルバム化はかなり前に終わっていましたが、データ修正の可能性があったので、ずっと原本の返却ができずにおりました。非常にもどかしい思いで数ヶ月間を過ごしましたが、ようやく共に返却することが可能になりこの日を向かえました。

データは諸々微調整をした後、1週間後の2月1日にサーバーを通してお送りいたしました。
5箱分のスキャンデータと手掛かり情報を集約したデータベースになります。
最初の目標はクリアしました。よかったです。
次へ進みます。
(K1) 

1/22()23(
武蔵野市民社協ボランティアセンター分室


1月後半の分室作業です。
1回目の返却に向けて準備を進めます。
1月22日 6名、23日 2名の方にそれぞれご参加いただきました。
20160122_02
最初の返却で予定していたものは、大判写真とフエルアルバムです。
発送前の最終チェックを行いました。
20160122_03
リストと照らし合わせ箱の中身をチェックします。
20160123_08
A4に入る中判サイズの写真は早々にチェックが済みました。それぞれに折れ曲がりを防ぐ厚紙が入れてあります。額などで凹凸ができたところには緩衝材を入れて安定させました。
20160122_06
大判写真は最後のデータ確認です。返却した後に再スキャンをすることはできませんので慎重に確認を行いました。
20160123_02
フエルアルバムの代表写真はたすき掛けにしました。レコードジャケットのような要領です。見やすく、アルバムを痛めず、かつ紛失も防げるのではないかと思います。うまくいきました。
20160123_06
フエルアルバムを入れる袋をずっと探しておりました。通常のポリ袋では強度が足りず破けてしまいます。業務用のものはサイズが大き過ぎました。パッケージプラザという専門店へ行ったところ、丁度良いサイズ・丁度良い強度の袋がありました。漬け物用の袋です。とても丈夫で重みのあるアルバムでも破けないと思います。フエルアルバムの収納はこの袋を使うことに決めました。
20160122_04
2回目以降の返却準備も進めていました。次の返却はポケットアルバムになります。膨大な数があり、まとめには時間が掛かっておりました。2月〜3月にかけて段階的に返却することになります。
20160122_05
修正で多く発生していたのは代表写真の変更とそれに伴うアルバムの並び変えです。そしてチェックをしながら同じ持ち主の方のアルバムを探していました。

返却の準備はほぼできました。週明けにはアルバムを返却することになります。やっとことでここまで辿り着きました。次の作業が控えていたので安堵感を感じることはあまりできませんでしたが、ここまで来れたことは本当に良かったと思っています。ご協力いただいた方々の努力あってのことでした。
引き続き作業を進めます。
(K1)

このページのトップヘ