震災3年目の月である3月は各地で震災関連イベントが開かれました。
活動を知っていただきボランティアさんのご参加を呼びかけるため。
また今でも未返却の写真があることをお伝えするため。
いくつかのイベントに参加しました。


3/8 お父さんお帰りなさいサロン @武蔵野市民社協

お世話になっている武蔵野市民社協さんのイベントです。
洗浄会も兼ねた「お父さんお帰りなさいサロン」。
社協さんでは毎月行われています。
20140308_社協おとぱサロン6
定年退職されたお父さんたちへ「もう一度社会参加してみましょう」と呼びかけるイベントで、お父さんだけではなくお母さんたちも多く参加されます。
この日は16名の方にご参加いただきました。

最初にまず現地の返却会場のことや、写真洗浄活動全般についての概要をお話ししました。
プロジェクターを使い活動を紹介することもできました。
20140308_社協おとぱサロン4
そして退職後も継続的にご参加いただいている常連のHさんに、ご参加になったきっかけや、続けてきて思うことなど、思いのたけを語っていただきました。Hさんのシンプルなメッセージにご来場された方々は心を打たれていたようでした。
20140308_社協おとぱサロン5
説明の後は作業です。
フエルアルバム・ポケットアルバムからのハガシ作業をしていただけました。
4班に分かれて、皆さんで相談し合いながらの進行です。
写真のことなど、皆さん熱心にお聞きしてきます。
およそ1時間。あっという間でしたが用意していたアルバムは全てはがし終わり、
片付けも含め完璧に締めくくることができました。
20140308_社協おとぱサロン7
終了後は皆さんよりそれぞれ感想をいただき、さらには募金のカンパまでいただきました。
ありがとうございます!

皆さんにはがして頂いた写真は翌日の活動で続きの作業をしました。
よろしかったらまた活動へご参加ください。


3/3-6 パネル展東日本大震災 @武蔵野プレイス


3月3日〜6日までの間、社協さん主催によるパネル展が行われました。
主に武蔵野市内で活動する震災ボランティア団体さんの報告。
また震災直後の社協さんの活動。市内へ避難してきている福島県の方々の展示など。
普段あまり知る機会の少ないローカルな活動の数々を知ることができました。
20140303-06_PLACE_1
特に福島の方々の報告は心に残りました。
武蔵野市内では今でも多くの避難世帯の方々が暮らしています。
地域の方々と共に歩む福島の皆さんが、
ご近所にも多くおられるのだということを知っていただければと思いました。
20140303-06_PLACE_2
課外のあらいぐまでもパネルを出展しました。
洗浄法や返却会場のことなどを紹介しました。
パネルを見て関心を持っていただける方がおられましたら幸いです。


3/9 釜石応援サミット @板橋グリーンカレッジホール


岩手もりおか復興ステーションさんのご紹介で「第3回 釜石応援サミット」へ参加しました。
復興へ向けた市の取り組み、
三陸ひとつなぎ自然学校さん(さんつな)の報告、
募金活動を続けてきた釜石はまゆり会さんの報告など、現在の釜石を知るよい機会になりました。
コンベンション後の交流会の中で、活動を紹介する時間もいただくことができました。
その中で釜石市のお写真を洗浄している旨、皆さんへ紹介させていただきました。
何人かの方とは個別にお話しし、参加希望していただける方もいらっしゃいました。
今でも未返却写真がまだあるということを覚えておいていただけましたらと思います。
この日は同時に西久保コミセンでも洗浄会を行っていましたので、
この活動が現在進行なのだと考えると感慨深いものがありました。
早くお返しできるよう最大限努力します。
20140303-09_Kamaishi_1
(K1)


3/11 釜石からのレポート~私たちは生きる@サンパール荒川小ホール

荒川区社会福祉協議会主催の講演会に行ってきました。
荒川区では「友好交流都市釜石市民元気応援プロジェクト」
を立ち上げ、継続的に釜石への支援をされているそうです。
釜石市の被災した人々を撮り続けてきたカメラマン菊池和子さんのスライドトークをお聞きしました。
そこには震災直後の両石、嬉石、鵜住居などの写真が写しだされており、
あのガレキの中から見つかったお写真を今私たちは洗浄・データ化しているのだと思うと
少しでも早く綺麗にしてお返しせねば、と想いを新たにしました。
(松浦)