企業CSRの方から課外へ連絡いただいたことがきっかけだったのですが、
社内会議室で社員の方々と洗浄会を行えるいうことで、都内某所へ出張してきました。
事務局リーダーの方が課外のあらいぐまに事前に参加され、当日の進行や備品の準備などについて打ち合わせを進めて参りました。

参加人数は33名。社内募集して数日で満員になったそうです。
とても広い会議室の床とテーブルに1.8m×100mのブルーシートを敷き詰め、規模が大きい開催となりました。大きなプロジェクタに手順を映しながらマイクを使っていつもより長めに説明しました。
0524_01
朝一はやはり水洗い。前週にコミセンでスキャニングした写真の続きを行いました。
0524_02
0524_03
泥に含まれるバクテリアによって写真表面のゼラチン質が腐食し、インクが崩れてる写真が多かったのですが、絵柄が僅かに見えれば「残す」よう洗っていただきました。濡れた手で触るだけでインクが落ちてしまうので最初は慎重でしたが、すぐに慣れていただいて「残す洗い方」を実践していただきました。
0524_04
ねこよけを持っていったのですが規模が大きいために全く足りず、平置きで干してます。
テーブルも大きく余裕あります。
0524_05
0524_06
午後はアルバムから剥がしと砂落とし。
いつものスキャナを3台持ち込み、スキャニングも行いました。
0524_07
刷毛で泥や砂を払います。
0524_08
2枚ががっちりくっついてしまっている写真もありました。
ゆっくり剥がしますが、うまくいかない場合は固着面に少しお水を垂らすと剥がれ易くなります。
但し、損傷が大きい写真には水を使うとインクが流れてしまうので、カッターの刃を使って少しずつ離していく場合もあります。どうしても剥がれない写真は無理に剥がさずそのままにしておきます。
0524_10
裏面に粘着式アルバムの台紙や糊がこびりついて取れない場合は、ヘラやプリペードカードを使い剥がします。震災直後はナイロンたわしを使いすぐに剥がれましたが、現在は完全に乾いて固まってしまいなかなか剥がれません。
どうしても取れない場合は無理に剥がさずそのままにします。
0524_11
フエルアルバムは1冊1班で取り組むことが多いです。
0524_12


今回のために作業手順の資料を作ったりしたのですが、
最近は通常開催でも初参加者さんが多いので、近々ブログ上にマニュアルをアップしようと思い始めました。工程別に
(1)アルバムからの剥がし・砂落とし編
(2)スキャニング編
(3)水洗い編
(4)最終仕上げ編
でしょうかね。事前に初参加者さんに見ていただけたら当日よりスムーズになるかな。
一気に全てをアップするのは難しそうなので、徐々に。

今後出張開催をすることも増えていきますが、コミセンでのレギュラー開催と連携で進めてゆく予定です。


(松浦)