11/1(日)
西久保コミュニティーセンター


休日は西久保コミセンさんでした。分室とは別の流れです。
14名の皆さんにご参加いただきました。
20151101_01
分室が調整が主体であるのに対して、コミセンでは作業を前進させます。先週より始めていたアルバム作りを続けました。
20151101_02
1つのアルバムですが非常にたくさんの写真があります。
あらかじめ作っていたリストに合わせ写真を整えました。
20151101_04
午後には一通り整いアルバム作りを始めます。
20151101_05
他のアルバムもありました。引き継ぎ分の写真が中心です。
20151101_06
アルバムに入れる前の再洗浄です。拭き作業のときは片手袋で作業することが多かったと思います。指先で写真の状態を確認しながら行っていました。写真を押さえる側は指紋が付いてしまうので必ず手袋をします。
20151101_07
データチェックも進めます。この作業は返却間際までずっと続くことになります。震災より時間が経ってからのこのオーダーは、返却のための再準備が目的でデータ化が必須の条件です。絶対に外せないことでした。
20151101_08
手掛かり情報の入力も続けます。引き継ぎ分は全ての作業を一括で進めていました。
被害が大きかった地区の名前がとてもたくさんあります。それは浸水地区の地図とほぼ一致しています。返却が行われた際は是非一度閲覧していただけましたらと思います。
20151101_09
編集中のExcelデータです。手掛かり全てを「詳細情報」に記し、お名前はさらに別セルでまとめています。フィルタリングで情報を絞り込むことができます。
Excelデータのメリットは、そのままでも利用することができ、他のシステムで利用する際も応用がし易いということではないかと思います。そしてまた操作できる方が多くいるということも大きな利点です。ハードルが高過ぎて運用に支障が出るようでは意味がありません。できるだけシンプルで扱い易くなるように心掛けました。
20151101_10
この日は差し入れがとても豪華でした。
皆さんで美味しくいただきました。


11/8(日)
吉祥寺西コミュニティーセンター


翌週の日曜日です。
吉祥寺西コミセンにて14名の方にご参加いただきました。
20151108_01
引き続きアルバム作業を続けます。多枚数のアルバムが中心です。
20151108_03
ポケットアルバム何冊かをまとめ1冊にします。数冊分ありました。背から裂けてくることがあるので何重にもテープを貼り頑丈にします。この作業は終日掛かりました。
20151108_02
小枚数のアルバム作りも。引き継ぎ分がほとんどです。これまで通り少しずつ進めていきます。
20151108_09
いくつかアルバムが仕上がりました。
20151108_04
補修は白黒写真が多かったと思います。破損している部分を糊と紙で補完するとともに、汚れもできる限り落とします。とりわけカビの除去は慎重に行っていました。
20151108_10
大判写真・中判写真のまとめを始めました。最初に返却するアルバムを大判写真とフエルアルバムに絞ることにしました。これから数週間は優先して進めることになります。
20151108_05
大判写真の台紙に利用する厚紙です。保管中に折れ曲がってしまうことを避けるために1つ1つに台紙を付けます。
20151108_07
参加者さんよりたくさんの厚紙を寄贈していただきました。商用ボードとして使用していたもので、とても頑丈です。大判から中判まで全てで利用できます。ありがとうございました。
20151108_13
光が丘より代表のスミさんがやってきました。写真フィルムがいくつかあり、この日はフィルムスキャンをするためにこちらへいらっしゃいました。
20151108_12
当方でもフィルムスキャンをすることにしました。写真がフィルムしかない場合は、撮ったデータは必ずプリントをします。現物写真が既にある場合は双方を見比べて、写真の状態が悪い場合はプリントをしていました。写真+フィルムというケースが全体として多かったと思います。

休日の活動はしばらくは大判写真とアルバム作りです。
平日は分室で返却準備を進めます。
当分の間この形で活動が続いていくことになります。
(K1)