課外のあらいぐま

被災写真の洗浄・データ化をしています。東日本大震災で被災した地域の写真救済活動に取り組んできました(陸前高田市・釜石市)。
現在活動を再開し、2018年西日本豪雨で被災した倉敷市真備町の活動サポートをしています。
写真のことでお困りのことがあればご連絡ください。

2019年10月

10/26(土) ※10/25は大雨のため中止 
武蔵野市民社協ボランティアセンター分室

初めての方1名を含む、9名の方にご参加いただきました。

この日も水洗いはなし、エタノールでの仕上げ拭きをお願いしました。
久しぶりに多くの方にお越しいただき、ぐっと進めることができました。

20191026_武蔵野分室2
20191026_武蔵野分室3
20191026_武蔵野分室4
25日は大雨予報のため中止しました。各地で被害があり、なぜ同じところに何度も、、と憤ってしまます。
現地に入られるボランティアさんからはボランティアセンターや家屋の様子を伺ったりしましたが、合間を見て課外に参加していただけるのは本当にありがたいです。


20191026_武蔵野分室5
真備洗浄のTシャツを1枚購入しました。(支払いまだですみません!)
在庫がまだ真備にあるとのことで、私が着ているのを見て「欲しい!」という参加者さんがいらっしゃるため近々募りたいと思います。

20191026_武蔵野分室1
Tシャツと一緒に缶バッジも入っていました。ボクぐま太郎Ver.。懐かしいですね、昔はよく「ボクぐま太郎」と呟いていましたね。
1個100円以上で販売しております。売上は活動費として備品購入等に充てさせていただいております。どうぞ宜しくお願いいいたします。

・・・
真備洗浄と課外のあらいぐまとで、「濡れた写真の応急処置」チラシを写真洗浄を知っていただいている方を通してボランティアセンターやNPO団体へ配布しています。
課外にも現地ボランティアに入られる方がいるので託しています。また、近くのボランティアセンターに配布しているところです。

チラシを各地へ持っていっていただける方いらっしゃいましたら連絡いただければと思います。
また、トップ記事にPDFをリンクさせておりますので、印刷してご自由にお持ちいただいてもOKです。白黒は各人用、カラーは掲示用。

多くの方に「捨てる必要はない」「乾かせば大丈夫」ということを伝えて、大切な思い出を守れるよう伝えたいと思っています。

Oukyushochi_ver4-2_color

(ま)




10/18(金)19(土) 
武蔵野市民社協ボランティアセンター分室

18日は4名の方にご参加いただきました。

20191018_武蔵野分室_1
20191018_武蔵野分室_2
この日も水洗いは無しで、洗った写真をエタノールで拭く作業をお願いしました。
皆さんそれぞれ台風の時の話をし合ったり。多摩川沿いのマンションの方がいらっしゃって、増水した多摩川の映像を見せていただいたりしました。リビングに座っても見える光景はもはや海のよう。水が引くまで怖かったことと思います。

20191018_武蔵野分室_3
備品リストでヒートテックを募っていますが、この日も支援いただきました。ありがとうございます!切ってしまうのがもったいないほど綺麗なのですが、ハサミ入れさせていただきました。ワッフル加工のようなヒートテックってあるんですね。それもボーダーで。

20191018_武蔵野分室_5
ヒートテックの表面の凸凹なのと、程よい厚地がとても使いやすいです。拭きのマスクも数少なくなってきたので、今後ヒートテックにシフトしていきます。絵を残すところと白くするところの境目、際をピシッと決めるのにこの布が非常に使いやすい。爪を入れて一筆書きのようになぞると綺麗にふき取れます。あと、布に移ったインクが写真に戻ることがあるのですが、このヒートテックだとそれもなくびっくり。

20191018_武蔵野分室_4
かつて武蔵野市に「武蔵野まごころ連」という東日本大震災の支援団体がありました。そこで活動されていた方が課外を知ってくださっていて、お近くにお住まいとのことで直接備品を持ってきてくださいました。ニトリル手袋、マスク、ピンセット。なんと歯科医さんとのことで、ピンセットはステンレスが重く本物(笑)。沢山ありがとうございます。大切に使わせていただきます。


・・・・・
19日は初めての方1名を含む4人で活動しました。

20191019_武蔵野分室_1
未洗浄の写真が一束だけあったので、この日初めて参加してくださった参加者さんにお願いしました。水にジャポンとつけずに、写真の周りから慎重に洗っていきます。

20191019_武蔵野分室_2
他の2名はエタノール拭き。大判の集合写真も周りを白く拭くことで像がぐっと綺麗に見えるようになりました。

20191019_武蔵野分室_3
千葉からいらしている参加者さんの家屋自体は大丈夫でしたが、周辺は甚大な被害を受けており、ボランティアに入られるとのことで応急処置チラシを150枚託しました。後日連絡があり、ボランティアセンターに置かせていただけたのこと。ありがとうございました!

近くの元気な方が助ける手伝うということが重要だなと思うのでボラに入られたことが嬉しかったです。写真のことは自身の経験から自身の言葉で説明されたことで伝わり、置かせていただくことができたのだと思っています。

今回の災害は広範囲に渡るため全ての自治体へ配布することは今は難しいですが、機会のある方に持っていっていただき、ひとりでも多くの方に知っていただいて少しでも多くの写真が捨てられずに救えればと思い、お願いしています。

・・・・・・


20191019_武蔵野分室_4
amazonほしい物リストによるご支援をいただきました。OPP袋1200枚です。最近状態が悪い写真が多く、OPPを多く使用するため大変助かります。ありがとうございます!

(ま)

10/11(金) ※12(土)は台風のため中止
武蔵野市民社協ボランティアセンター分室

11日は7名の方にご参加いただきました。
台風接近でギリギリまで開催を悩みましたが、予報を見て、お仕事の人も通常通りのようでしたので開催しました。

20191011_武蔵野分室_1
20191011_武蔵野分室_2
お預かりしている5件のうち、4件は洗い終えているのでこの人は1日中ひたすらエタノールでの仕上げ拭きをお願いしました。
みなさん和気藹々とお話ししながら、時にはもくもくと拭いています。

20191011_武蔵野分室_3
私はというと、皆さんが拭いてくださった写真を最終チェックしました。
普段は洗いや拭きをボランティアさんにお願いしてばかりですが、この段階で写真とじっくり向き合うことになります。

拭き足りないところを拭いたり、並びが明らかにおかしい場合は整えたりします。
課外の管理票を外し、持ち主の方に喜んでいただけるかな、と綺麗になった写真の角をピシッと揃えます。真備の管理票をつけ、水切りネットに入れて完了。

全ての写真を1枚1枚チェックしてお戻ししています。

20191011_武蔵野分室_4
翌日の台風に備え、武蔵野市民社会福祉協議会さんに許可をいただき、写真を1階階段下に移動しました。台風15号のように屋根が飛んでしまったら2階の写真が濡れてしまうと思い、、

洗濯ネットに入れている写真をビニール袋で包み、段ボールに入れ、その段ボールを更に厚地のビニールでくるんでいただきました。作業してくださった皆様、時間がない中ありがとうございました。


この日もマスク(拭き用)と綿棒をご支援いただきました。ありがとうございます!

・・・・・
日中、千葉の実家に帰ったほうがいいか悩んでいましたが、皆さんが「後悔するから帰ったほうがいい」と言ってくださって、帰ることにしました。
16:45の活動後、まだこの日は雨風大丈夫なことを調べ、家に帰ってから防災グッズと食糧をトランクとリュックサックに詰め込んで実家に帰り、翌日10時には自主避難所に避難しました。
この時のことはツイッターに書きましたので、よかったらご覧ください。
スレッドになっていないので読み辛いですが、10/17のツイートです。
https://twitter.com/kagaiguma

背中を押してくれたこの日の参加者さんに感謝します。

(ま)

会計報告を更新いたしました。下記リンクよりご参照いただければと思います。

課外のあらいぐま会計報告

以前の道具類は九州豪雨等の洗浄団体へ送っていたため、今回ゼロからの準備となり、7月活動再開時より多くのご支援を賜りました。ここに記載されている支援金(募金&グッズ売上)以外にも、活動時には毎回のように道具・文具・消耗品をお持ちいただいたり、また全国の皆様よりAmazonほしい物リストを通じた消耗品のご寄付もありました。

皆様のサポートにより活動運営が成り立っております。心より感謝申し上げます。
まだ活動は続きますため、今後ともどうぞ宜しくお願い申し上げます。

(K1・松浦)

20190727_武蔵野分室_1
20190712_amazon支援


10/4(金)5(土)
武蔵野市民社協ボランティアセンター分室

4日は4名の方にご参加いただきました。先日真備町から送られてきた写真のうち、洗いが難しいものに着手しました。全体が滲んでおり、像を残す部分が全体の1~2割のものも多くあります。この日はリピーターさんばかりでしたので、安心してお任せできました。

20191004_武蔵野分室2
水につけると像が流れるというよりは、逆に落ち辛い素材だったため、包帯などで滲んだ部分を拭き落としていきます。

20191004_武蔵野分室1
午前の水洗いはいつもより時間を要しました。午後に入ってからはエタノール拭き。綿棒やマスクを使って、水洗いで落ち切らなかったインクを落として白くします。

午後はこの場所をお借りしている武蔵野市民社会福祉協議会さんの取材が入りました。ご協力いただきありがとうございました!質問を受けると、今までの活動を思い出しながら改めて整理するこができますね。

・・・・・・
5日は初めての方3名を含む6名の方にご参加いただきました。

富津市や南房総市などにボランティアに入った方から家屋やボラセンの状況を伺うことができました。屋根の損壊だけでも家の中はカビやキノコが生え、非常に状態は悪そうです。
また、ご実家が真備町(関東在住)で真備洗浄もご経験の方にお越しいただきました。被災された当時の状況やこれからのことなども伺いました。

鋸南町に入っているボランティアさんからは電話で写真の問い合わせがありました。聞くと、災害ゴミにあったもので持ち主の方がわからないため保留となっています。

20191005_武蔵野分室3
20191005_武蔵野分室1
20191005_武蔵野分室2

午前中の水洗いの写真を失念…。午後のエタノール拭き。劣化が少ない案件のためアルボナース(消毒剤)や無水エタノールで比較的サクサク拭くことができました。

仙台のおもいでかえるさんに通ってる方も参加いただき、洗い時にストッキングタイプの水切りネットがよいとのことで、次回試してみたいと思います。

・・・・・
この金土、エントリー少ない中、ご参加いただきありがとうございました!1人ご参加いただくだけで数十枚は進めることができますため、助かります。

募金やバッジ・デニムグッズ購入など、ありがとうございました!大切に使わせていただきます。デニムは巾着・トートバッグ売切れです。小銭入れあと5個くらい。
20190928_武蔵野分室1

ご参加検討されている方いらっしゃいましたら僅かな時間でも構いませんので一度いらしてくださいませ。毎回ゆるりとやっております。

(ま)


このページのトップヘ