課外のあらいぐま

被災した写真を洗浄・データ化する活動をしています。
持ち主の方が見つかっていない写真が今でも数多くあります。1日でも早く持ち主の方へお返しできるよう活動しています。

カテゴリ: 活動報告

6〜8月作業
8/14(日
アルバム・データ返却

最後の1冊に取り組みます。
ラミネートパウチのアルバムでした。ラミネートの中に水が入り、そのまま長期間が経過してしまったようでした。少し時間が掛かることも予想できたため、最後にこの作業を予定していました。内側の劣化が深刻でしたが、それでもほとんどの写真像が残っています。数百枚の写真を編纂した素晴らしい家族アルバムでした。何としてもこのアルバムを救いたいと思いました。
20151227
最初にしたことは中から水を抜くということです。しっかり乾燥させた後、吸湿剤でさらに水気を除きました。乾いたところでスキャニングを行い、カビやバクテリアによる要素を可能な限り取り除いていきました。これによりある程度は劣化の進行を食い止めることができたのではないかと思います。カビの活性を抑えるために、最後にエタノールを噴きました(2015/12/27)。
20151227_05
それでも長期間の保管ともなると、再び浸食が進んでいくことも予想できました。方策を尽くした上で、データでできる最良の手段に頼ることにしました。データ修復をした上で複製アルバムを作ります。

修復にはこれまで幾度か取り組んだこともありました。工学院大学さんのプロジェクトへ参加したり(あなたの思い出まもり隊プロジェクト)、個人的に依頼を受けたりもしました。いずれも持ち主の方から直接依頼されたケースで、これから持ち主の方を捜さなければならないという写真ではありません。
「持ち主さま不明の写真」を預かっている課外のあらいぐまの活動では、基本的に修復は難しいと考えていました。それはあまりにも時間が掛かり過ぎてしまうため現実的ではないためです。
時間を掛けすぎてしまうということは、他の作業を疎かにし、返却を遅らせてしまうことにも繋がります。この度の依頼で優先しなければならないことは「データ化すること」。そしてそれに伴った「返却活動の再スタート」を切ることでした。

ですので、例外的な作業です。修復と複製以外に保全する手段がないと思ったため、他のアルバムすべてを返却した後に行いました。データ公開が始まることがあれば、途中でも切り上げるつもりでした。それでもできる限り綺麗にして、将来的にも安心な形でお返ししたいと考え進めました。

修復作業は2ヶ月余りに及びました。補正と切り出しの後、カビとバクテリアによる跡を消していく作業が約1ヶ月半ほど続きました。心掛けたのは見た目にも辛く感じてしまう浸食の跡を減らしていくことと、写っている方とその周囲の作業に慎重にあたることです。修復にも段階がありますが、あくまで元写真に戻すということに努め、過剰な修繕は行いませんでした。課程を詳細に記すこともできますが、これ以上のことは割愛させていただきます。
20160802_03
データができた時は8月になっていました。早急に返却準備にかかります。
この時点でもう一度ひと通りのスキャニングをおこないました。初回データにはある程度の補正を入れていたため、完全オリジナルのデータが必要だということに思い至りました。

その頃になり、突然マンションの空き室が借りられるようになり、このような部屋で作業しました。空いている時はいつでも使ってよいそうです。あと数ヶ月早かったら・・ と悔やんだものですが、いつかまた作業をするときは利用させていただきたいと思っています。
20160813-14_01
最後にプリントをして1冊のアルバムを作りました。ある程度最初の状態に近づけたのではないかと思います。オリジナルアルバムは状態に応じて3つの袋に入れ閉じました。長期的な保管になっても、持ちこたえられるのではないかと思います。

最後の返却です。6回目になります。
すべて終わりました。
20160813-14_06
アルバムをお返しする際に、これまでお借りしていた備品と、こちらで余った写真包装類などを同梱しました。パソコンもあります。
20160813-14_07
8月14日、発送しました。
同日付けでデータの返却も終わりました。
これでこちらの手元には何もなくなりました。

データ化したことで返却活動はある程度は運営しやすくなったのではないかと思っています。可能性が広がることを期待します。そして写真を再洗浄したこと、アルバム装丁したことにより長期的な保管にも耐え得るものになったのではないかと確信しています。
長きに渡った作業を終了します。

------------------
個人的な話になりますが、このような活動に携わるきっかけになったのは、2011年4月、釜石市在住の方の日記報告を伝える機会があり、それに仕事として携わったことが最初でした。3月11日から2週間後までのことが克明に記録されており「自分のために書く。後世のために書く。」と始まるその第一声に、強く胸打たれたことが原初の動機としてありました(その後書籍化されました『東日本大震災を生き抜く』鈴子陽一氏 著)。
その半月もしない内に実際に釜石へ訪れることになったのですが、その時のことは今もって忘れるということができません。散らばっていた写真をまとめたりもしていましたが、その時はこのような形で再び釜石市に関わることになるとは思ってもいませんでした。
その後の釜石が変わっていく様子も、少しずつ実感を得ています。自分の生まれ育った街と同じように変化を受け止め、これからに期待してきました。

お預かりしていた写真にあるのは、震災前の釜石です。そこには市民の方々の生きてきた証が刻まれており、釜石市の歴史そのものと受けとめ作業に当たってきました。釜石へ訪れる度に、それが現在と繋がるものであるという実感を深く感じます。

これから返却を担当される職員の方々のご苦労を思うと、直接力添えになれない非力さを痛感するばかりですが、どうかその後のことをよろしくお願いしたいと思っております。当方には下準備までしかできませんでしたが、何卒よろしくお願いします。不備がありましたら再び修正に上がります。返却活動を末永く見守っております。

写真をお探しの方がいらっしゃいましたら、このような写真がまだあるということを、記憶の片隅に留めていただけましたらと思います。気が向いた時で構わないと思いますが、いつか確認をしていただければと思います。

それでは。
(K1)

5/29 武蔵野市民社協『ボラカフェ』

武蔵野市民社協さんで『ボラカフェ』というイベントがありました。
市内で活動するボランティアグループが、交流を深め合うとともに、市民の皆さまに活動を紹介する。学習の場であり、交流の場であり、お祭りでもある。そのようなイベントです。『課外のあらいぐま』も参加しました。
20160529_01
屋外にはいろいろな出展ブースがあります。カフェ形式で寛げるようになっていました。
模擬体験なども行われています。手話グループの方々とお話しをし、挨拶の仕方を教えていただいたりもしました。

物販ブースでは当方の活動にもご参加いただいた『まごころ連』の方々がブースを出されていました。福島の桃ジュースと大槌のお米を購入させていただき、こちらではデータ化が済んだこと、概ねの写真返却ができたことを報告させていただきました。皆さんは何度も釜石へ足を運んだことがある方々です。地域には格別の愛着を持たれておりました。返却報告ができたことは本当に良かったと思っています。
20160529_03
『課外のあらいぐま』では、活動報告・返却報告を兼ねたポスター掲示をさせていただきました。入口脇の目立つところへ貼ってくださいました。ありがとうございます。
社協さん、コミセンさん、地域の方々のサポートがあり実現できたことと思います。
これまでのお力添えには、心より感謝申し上げたいです。
20160529_05
館内では様々なボランティアグループが紹介されています。
介護福祉、子ども支援、障がい者支援、福利厚生、市民交流、自然保護、街角清掃、防犯パトロール、、などなど。
沢山のボランティア活動がありました。本当に興味深かったです。
20160529_06
こちらのコーナーでは社協さんの事業が紹介されていました。

お父さんお帰りなさいパーティー(おとぱ)』は社協さんの主催のイベントで、長いこと継続されてきた人気イベントです。定年退職後のお父さんたちが月に一度集まり、皆で何か課題に取り組んでみようという交流イベントです。
これまでがんばってこられたお父さま方が、再び社会へ出て活躍する機会でもあり、孤立やひきこもりを防ぐ意味においても、とても良いイベントではないかと思っていました。1日体験ボランティアとして当方の作業をお願いしたこともあります。

課外のあらいぐまの活動にも定年退職を迎えられたお父さま方は大勢いらっしゃっていました。活動では当たり前のことで、共に行動し目的を共有する同僚でした。皆さん積極的で、驚異的な活動力を発揮されています。人生の後輩である私は常々そのパワーを分けていただき、いつも背中を押されていました。ご参加されるお父さま方の姿を見て、自分の父親を想うこともありました。

思い出の品返却の場では「どうすればお父さんたちに写真を見てもらえるか」ということが課題になっていたそうです。『お茶っこサロン』で出張返却をした際は、お母さん達は結構写真を見てくださるそうですが、なかなかお父さん達が見てくれない。そもそも来てくれない、ということでお悩みになられていました。
発想を変え、お父さん達が力を発揮するイベント(体育祭や薪割りイベントなど)へお持ちしたところ、そこでは男性が積極的で、次々に見てくれたということがあったそうです。「おじさんが心を開く場というのは、また違うもんだね」ということをその時は話し合っていたのですが。同じ男性の立場からすると、その心はすごくよく分かるところでした。
20140304_1
お父さんお帰りなさいパーティー
『やってみよう! 写真洗浄ボランティア』(2014/3

『お父さんパーティー』は完全に男性だけかというと、そうではなく女性の参加もあります。お父さん達の中にそこそこお母さん達も混じっているという感じでした。性別は問わず、だそうです。お若い方もいます。その中には独特の和やかさがあり、終始寛いだムードが漂っていました。写真洗浄の回は非常に明るかったです。課題に取り組む、ということで参加された皆さんは積極的です。作業は目覚ましく捗りました。

『おとぱ』に参加された男性が後日コミセンに来てくださり、スキャナーのご支援をいただいたことがありました。本当にありがたかったです。ご支援いただいたスキャナーはその後の活動で大活躍し、最後の最後のスキャンまで使用していました。
20160529_04
奥の部屋には市内のボランティア受入施設が紹介されています。デイケアセンターがとてもたくさんあります。本当に沢山あります。これまで知らなかったことが多かったです。
20160529_07
『災害ボランティアセンター』についての説明がありました。
武蔵野市の場合はいつもの本部ではなく市民文化会館に設置されるそうです。その時が来ないことを祈りますが、記憶の片隅に置いておきたいと思います。
20160529_08
今年(2017年)の『ボラカフェ』は6月4日(日)に行われます。
当方の出展予定はありませんが、個人的にはまた行ってみたいと思っています。
お近くの方は是非足を運んでみてください。
(K1)

5/22(アルバム返却
5/31(データ返却

5回目の返却になります。
アルバム1冊を除く、残る全ての写真を返却しました。
2016000522-31_01
1枚写真は最終的に4箱になりました。多くの写真をアルバムにすることができたと思います。当初に比べるとかなり少なくなりました。写真をお捜しになる際の負担もある程度軽減することができたのではないかと思います。

1枚写真は地区別で管理番号順になっています。さらに「子ども」「集合写真」・・ などの種類別のタグ分けを加えるとより捜しやすくなるのではないかと思っております。それはひとつやり残したことかもしれません。必須なことではありませんので、これでひとまず返却ベースには載せられると思います。今後もし余裕が出ましたら、ご検討していただければと思います。
2016000522-31_03
梱包します、1枚写真・額入り写真などです。
他に新たに作成したポケットアルバム。持ち主の方が同じ関連付けアルバムがあります。
2016000522-31_04
5月22日、5箱分のアルバム発送をさせていただきました。
2016000521-19_05
データは5月31日付で一通りお送りしています。
2016000522-31_07
返却したデータは、
「写真のスキャンデータ(JPEG)」と「手掛かり情報の集約ファイル(Excel)」です。
不備もあろうかと思いますが、よろしくお願いいたします。
何かあればお問い合わせください。可能な限り対応します。

長き道のりでした。
ですがそれはほんの前段階です。
再出発の手前までは準備することができたのかもしれません。
これからが本当の返却です。
長期的なものになるのかもしれません。
時間がかかってもいつかお手元に戻る日がくるだろうと信じています。
ご協力していただいた全ての方の尽力に拠ります。
写真の返却を心より願っております。

6月からは最後の1冊に着手します。
(K1)

4月中旬〜5月上旬

アルバム作成後のバラ写真は1箱に収まるほどになりました。
引き続きこの1箱に取り組みます。
多くが本当に1枚の写真でしたが、他のアルバムに合体する写真はまだ見つかります。
20160424-0505_02
データ化は全て完了していました。
作業はパソコンでデータ確認をし、写真と照合をするという形で進めていました。
スライドショー、一覧表示など、都度表示を切り替えながら作業します。

データ化された写真を見ていて感じることは、写真はとても見やすいということです。
画面いっぱいの状態でしっかり確認することができます。
次々写真を繰っていくことができるという良さもあります。
データ展示がまだ少なかった頃には慎重な意見もありました。パソコン操作が苦手な方もいらっしゃるためです。しかし多くの閲覧会場では、苦手な方にはご案内を差し上げるということで、解決されているようでした。

複製を作れる、プリントができるというのもデータの良いところだと思います。現時点から考えると、今後はゆったりとしたペースで返却されていくのではないかとも考えられます。長期的には返却の可能性が繋ぎ留められたのではないかと思っています。
そこは今後に期待を寄せたいです。
20160424-0505_03
手掛かりの精査を進めます。
20160424-0505_04
校章・市章・地名・組織名・西暦元号対応表など、様々な資料を参考にしていました。
アルバムの際にも一通りやっていたので、ある程度勘は得ました。校名や祭組の名前にも馴染んで、判断できることも多くなりました。
ですが、それでも1枚きりの写真は難しかったと思います。
曖昧なことは明記はできません。あともう少し、という写真は「保留」にして番号を控えておくことにしました。後々になってから判ったこともあります。「名札」や「表札」は最も確実な手掛かりとなるため、画面を拡大して何度も確認しました。

手掛かりの精査には、釜石市内の情報ページを多く参考にさせていただきました。ありがとうございます。とても助かりました。釜石の文化・歴史を知る意味でもとても興味深いものでした。活動を通して「釜石」という街を知ることになった方々にも、是非ご覧になっていただきたいと思っております。一部リンクを下記に紹介します。ページ内のリンクにまた非常に興味深い話の数々があります。
釜石市 かまいしnet かまなび 縁とらんす
釜石市郷土資料館
心象舎・釜石フォトギャラリー 
釜石・大槌地域の伝統芸能
かまいしの民族芸能
釜石製鉄所 歴史・沿革
結局釜石に残ったのは「鉄の記念日」だけだった?
20160506-15_03
大幅に手掛かりを追記したので、半分くらいの管理票を作り直しました。
20160506-15_05
再び写真と合わせます。
20160506-15_06
1枚きりの写真も1つのアルバムと考え作業していました。
たった1枚の写真が見つかるだけでも、持ち主の方にとっては特別なことです。何時間もお捜しになり、1枚だけを大切にお持ち帰られる方もいます。
これまで釜石市で返却に立ち会うことはありませんでしたが、陸前高田市では幾度かその場に立ち会うことがありました。
20160424-0505_10
陸前高田では分厚いアルバム何冊かにまとめて展示されていました。
当時、陸前高田の写真洗浄をしていた団体間で、バラ写真の統合化をしたことがあります(参照:2012/12/31 MM思い出返し隊さんより)。
まとめた写真は、種類別に編纂された上でアルバムになりました。その後このアルバムにある写真は1枚1枚返却されていき、数年後には空白だらけのアルバム(返却が進んだということになります)になりました。非常に手に取りやすく、ざっくりとしたカテゴリ分けも捜しやすいものでした。

ここは本当に個人的な提案、もしくは希望ではあるのですが、今後もしもう一度再編する機会がありましたら、1枚写真だけをまとめたアルバム(データとしても、編纂アルバムとしても)を作成しましたら、より写真を探しやすくなるのではないかと思いました。
「子ども」「結婚式」「祭り」「人物あり」などは、非常に捜しやすい分類でした。釜石の場合は「企業」の写真も多くあります。ある程度の基本分類があるとより捜しやすくなるのではないか。データ閲覧としても良くなるかもしれない。そう感じました。
返却後に言い出すのも反則ですが、今更ながらに思い至ったことです。

データ化した釜石の場合は、全ての1枚写真に管理番号が割り当てられています。まずは拾得場所に拠り、以下はランダムな並びです。そこに「種類別」のタグ付けを加え、一覧にできるようにする。そこからはスライドショーを作ることもできるでしょう。さらにそれをプリントした一覧アルバムを作る。などなど。
やりそびれてしまった、、という後悔があります。
既に編纂されていましたら嬉しいです。データだけでできると思います。
オーダーがあれば引き受けます。市内や他所で担当される方がおられましたら、まとめていただけましたら嬉しいです。追々余裕がありましたら、ということ結構だと思いますが。
・・ほんの思いつきでした。失礼。
20160506-15_07
4月に作ったアルバムです。その後さらに見つかったセットをアルバム化し、いくつかを追加しました。一度作ったアルバムをバラして再編したこともあります。よくよく見ると微妙だというアルバムは元に戻し、写真同士の「関連付け」に変えました。
20160506-15_08
「同一可能性」とした関連アルバムは非常にたくさんあります。2〜5冊内が最も多いと思います。中には10冊以上という場合もありました。1つの発見が大きなものになる可能性があります。是非見つかってほしいと思ってます。
20160506-15_11
額入り写真は破損しないように厳重に梱包をしました。表にはプレビューを付けています。
20160506-15_09
フィルムだけの写真はプリントしています。

写真に写っている方が小さい場合は、引き伸ばしプリントを付けました。「代表写真」の場合です。見付けやすいようにということを一番に考えました。データの方も「顔がはっきり分かる」状態であるように心掛けています。
20160506-15_13
複数の関連付けがあるアルバムです。返却間際まで追加をしていました。
20160506-15_14
GW明けに1枚写真の編纂は終わりました。
最後は単体で管理していたデータを、1つ1つフォルダに入れていかなければなりません。そこには裏面データやメモスキャンも入れることになります。
手動でやるにはリスクが大き過ぎ、果てしなく時間が掛かります。
なにか良い方法はないだろうか・・

考えあぐねていたところ、神奈川のMさんに助けられました。
この行き詰まりをダメ元でツイートしたところ、なんと即席でプログラムを作り送ってくださったのでした。本当に感激でした。3日3晩かかるかも、、と思っていたところが1時間で完了です。
しかも結果は完璧。
ありがとうございました!

次の返却に向けた作業は5月下旬まで続きました。
(K1)

4/3(日)
吉祥寺西コミュニティーセンター


1枚写真の再編より生まれた新規アルバムを作ります。急遽コミセンを取りました。2週連続です。中止する可能性もあったので、近隣のご都合の合う方のみお集まりいただきました。
久し振りのアルバム作りでした。皆さんが集まるのもしばらくぶりです。
場所を借りて公式な活動を行うのもあと僅かとなりました。最後まで実務でいきます。
201600403_01
課外のあらいぐまには決まった拠点がありませんでしたが、この大広間は重要な作業をするときは必ずと言ってよいほど利用してきたメインな作業部屋です。テーブルの位置などはいつも決まっており早急に準備ができます。広い部屋でゆったり作業することができました。
201600403_02
アルバム単位で写真を包んで用意してきました。代表写真はあらかじめ選定してあります。10枚以内のセットがほとんどだったと思います。既にあるアルバムに合体した写真も沢山あります。
201600403_04
サムネイルに従って写真をアルバムに入れてゆきます。表面・裏面には代表写真を貼ります。データもこの通りになっています。代表写真のデータにはそれぞれマーカーが付いていて、それだけを抽出することができます。末尾に「aaa」と付いたものが1番目の代表写真。続いて「bbb」「ccc」・・ と続きます。
代表写真を一覧にした展示は、他の写真返却場でも実践されており、短時間で多くのアルバムを閲覧することができると言われています。
201600403_07
枚数の多いアルバムはそれほどありません。数枚以内のセットはボール紙を使いました。
201600403_08
進みはとても早かったです。この日で半分以上がアルバムになりました。
残りは翌週に繰り越します。
201600403_09
おまけです。
コミセン帰りに夜桜を見ました。
満開の公園には誰も居ませんでした。この頃はゆっくりお花見をする余裕もありませんでしたが、思いがけず出くわした光景にしばらく見入ってしまいました。
ひときわ印象深かったです。


4/10(日)
西久保コミュニティーセンター


翌週です。続きのアルバム作成をします。
改装した西久保コミセンさんの和室をお借りました。
201600410_01
前週に引き続き何名かの方にお集まりいただきました。アルバムは既に半分以上ができていたので、早めに終わりそうでした。その後の時間は備品類の清掃をしたく思い、この日はカーゴで来ました。
201600410_02
アルバム作り後半です。
大きなアルバムはありません。2〜5枚程度。多くても10枚前後だったと思います。

それ以上のほとんどは、既にあるアルバムへの合流でした。そちらの方は非常に多くの写真があります。何名かの方は、子どもの頃から結婚するまでの長期間のアルバム群があります。「1枚写真」の中からも、一群の写真が沢山見つかっており、それぞれのアルバムに合体しました。
1冊見つかると10冊以上のアルバムがお手元に戻るのではないかと思います。是非見つかってほしいと思っています。
201600410_05
完成したアルバムを並行してチェックします。
先週からのものも一通り確認しました。
201600410_06
アルバム作りは午後早めに終了しました。
その後は掃除です。年末に一度しましたが、道具類や機材はまだやっていませんでした。道具箱は今後しばらくは開けることはないと思います。汚れたまま保管するとカビてしまうので、1本1本を綺麗に拭いてゆきました。
201600410_07
きれいになりました。
201600410_08
パソコンです。こちらもきれいになりました。
キーボードが相当汚れていたので、エタノールで重点的にクリーニングをしました。ケーブルやマウスなども一通り水拭きしています。

酷使してきたブルーシートです。雨の日は養生代わりに、畳の部屋では敷きものとして使ってきました。いつかあるかもしれない次の活動に備えます。
201600410_09
終わりです。
お疲れさまです!

活動としてはこの日が最後のコミセンとなりました。催し的なことは特になく、いつも通り終わるだけでしたが、以降はコミセンを借りて皆で集まることはなくなります。後は仕上げて返却することだけが残ります。

「『課外のあらいぐま』はこれからどうなるの?」
という問い合わせを複数いただきました。
活動は支援の場で、作業そのものが目的でした。
と同時に多くの人が集まり、交流が生まれる場でもあったと思います。活動に愛着を持っていただけたことは、とても嬉しく感じています。皆さん仲が良く、お話しも楽しかったです。活動終わりに人生相談のようなことを延々話合ったこともありました。できればこの人の輪を絶やさず繋げたい、維持したいと思うのが人情と思います。作業自体も、職業と変わらぬ真剣さで取り組んでいただき、その甲斐あって無事返却ができました。

ですが申し訳ありません。活動の継続自体は目的と考えていませんでした。手元に課題がなくなった時点で活動は休止。そのつもりでいました。「課外」という中途半端な名称をずっと使っていたのも、「臨時活動」のつもりでいたためもあります。臨時にしてはやり込んでいましたが、それだけ課題があり、早々には終わりませんでした。

しかしまた依頼されるようなことがありましたらその時は動くつもりです。また、当方がサポートすべきと考える局面があれば、こちらから動きを起こすこともあるかもしれません。そして返却活動へのサポートはこれからも続けるつもりです。とりわけ返却した写真には責任があると思っています。

ですので、とくに「解散」というようなことはなく、「作業終了」ということになります。皆様とお別れするのは寂しいかぎりですが、コミュニティー活動の維持や、やりがい探しを志向すると、どこかで何かが狂うと思います。それはやめたいです。いつかまた動かなければならないとなった時は、皆さまにご連絡します。

ここまで来れた原動力は、活動を動かしてきた参加者の皆様、陰でサポートしてくださった皆様です。活動関係なく、どこかでまたお食事でもしましょ!
皆様のご多幸をお祈りしております。
201600410_10
荷物はいつかあるかもしれない日のために保管しています。このまますぐ出動できます。
備品類は他の活動場へ提供することもあるかと思います。ご入用がありましたらお知らせください。

しかしまだ終わりじゃないです。作業は続きます。
(K1)

このページのトップヘ